お知らせ

健康のすすめ『目の健康』

 1 0月1 0日は「目の愛護デー」です。1 0 .1 0 を横にして並べると眉と目の形に見えることに由来し、現在では厚生労働省や日本眼科医師会が中心となって、全国で目の健康を促す活動が行われています。そこで今月はこの日にちなみ、目の健康に重要な栄養素や食品についてご紹介いたします。

 

【ビタミンA、C、E】
ビタミンACE(エース)とも呼ばれ、強い抗酸化力を持ち、目の健康には欠かせないビタミンです。

ビタミンA:南瓜、小松菜、ニラ、人参、レバー、卵黄 等
目の粘膜を保護し、角膜や網膜を正常に保ち、疲れ目やドライアイを防ぐ働きが期待できます。
また、暗い場所でものが見えにくくなる「夜盲症」予防にも良いと言われています。

ビタミンC:ケール、パプリカ、ブロッコリー、さつま芋、柑橘類、キウイフルーツ 等
コラーゲンの生成を助け、目の粘膜や水晶体を保護し、疲れ目や充血を防ぐ働きが期待できます。

ビタミンE:南瓜、アボカド、胡麻、ナッツ類、植物油、うなぎ 等
血行促進、抗酸化作用を示し若返りのビタミンとも呼ばれ、目の老化防止といった観点からも大切な栄養素です。ビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。

【ビタミンB群】
目の粘膜や末梢神経を正常に保ち、眼精疲労、充血、視力低下を防ぐビタミンです。

ビタミンB1:豚モモ肉、豚ヒレ肉、かつお、ぶり、大豆・大豆製品、卵、牛乳、玄米 等
疲れ目の改善や視力低下を防ぐ働きが期待できます。

ビタミンB2:大豆・大豆製品、卵、牛乳、玄米、のり 等
充血の解消や目の疲れに役立つと言われています。

ビタミンB6:かつお、鮭、まぐろ、豚ヒレ肉、鶏ササミ、にんにく、アボカド、バナナ 等
水晶体(目の調節機能をつかさどる)の新陳代謝のサポートに不可欠です。

ビタミンB12:レバー、あさり、牡蠣、しじみ、にしん、さんま
ピント調節能力をサポートし、目の疲れを改善する働きが期待できます。

【アントシアニン、ルテイン、アスタキサンチン】
強い抗酸化力を示し、ビタミン以外にも是非とも摂りたい、自然界に存在する魅力的な成分です。

アントシアニン:ブルーベリー、ぶどう、紫芋、黒豆、赤ワイン 等
ブルーベリーに代表される紫色の色素。網膜にあるロドプシンの再合成を助ける働きがあり、これにより疲れ目を癒し、目の機能を向上させる効果が期待できます。

ルテイン: 南瓜、ケール、小松菜、人参、ほうれん草、卵 等
動植物に含まれる黄色の色素で、目の黄斑部などに多く存在します。活性酸素を抑える他、ブルーライトや紫外線などの有害な光を吸収して目を守る働きをしていると言われます。また、白内障や加齢性黄斑症といった眼疾患のリスクを低下させる働きが報告されています。

アスタキサンチン:鮭、鯛、海老、カニ、イクラ 等
赤色の色素で、抗酸化力はビタミンEの1000倍とも言われるほど。目の新陳代謝を良くし血流を促すことにより、眼精疲労の予防やピント調節機能に役立つとされています。

 

 近年、私たちはパソコンやスマートフォンなどで常に目を酷使している状態にありますが、目の疲れは、肩こりや頭痛などの体調不良の原因にもなります。しっかりと栄養を摂ることは基本ですが、意識的に瞬きをするように目の周りの筋肉をほぐしたり、蒸しタオルで目を温めるなどのケアもおすすめです。この機会に目の大切さを見直し、目にやさしい生活習慣を心掛けてみませんか。

     ~目の健康におすすめの10月メニュー~

6日
夕食④「小松菜と比叡湯葉の京風和え」
朝食③「ごぼうと豚肉の卵炒め」
管理栄養士 野菜ソムリエ
管理栄養士 野菜ソムリエ プロ 米倉淳子

健康のすすめ~尿酸値コントロールにお勧めの8月メニュー~

 
11日
夕食②「豆腐とあさりのオイスターソース煮」
朝食⑤「ブルーベリーグルト」
12日 朝食②「パンプキンポタージュ」
21日
夕食④「ケールの粒山椒醤油」
26日 朝食③「トラウトサーモンのクリームソースかけ」

※詳しくはメニューカレンダーの献立表をご覧ください