健康のすすめ『発酵食品の魅力』

日本で古くから親しまれている和食は「ユネスコ無形文化遺産」に登録されて以来、健康的な体づくりに役立つとして世界から注目されています。その理由の一つとして、発酵食品を豊富に取り入れているという点があります。

発酵食品とは酵母や菌類などの働きを利用し、食材に含まれるでん粉や糖、たんぱく質を分解・発酵することで独特のうまみ成分が作り出された食品のことを指します。和食に使用される発酵食品には味噌や醤油、納豆やお漬物など様々な種類があり、和食に欠かせない存在です。今回は、発酵食品の魅力についてご紹介させていただきます。

 

腸の善玉菌のバランスを整えて、腸内環境を正常化

発酵食品に含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌の活動を促進させて悪玉菌の繁殖を防ぎます。腸内のバランスが整うことで、体の免疫機能が高まり疾病予防に繋がります。

 

旨味・甘味が増すことで風味アップ

食品の中のでんぷんがブドウ糖に、タンパク質がアミノ酸に分解されることで、発酵食品独特のうま味や甘みが生まれ、味に深みが出ます。

 

発酵前と比べて、格段に栄養価が増す

発酵中に微生物の働きが加わることで、栄養素が体で消化・吸収しやすい形に変化します。この微生物の代謝活動によりビタミンなどの有効成分が加わり、栄養価が高まります。

 

食品の保存性が高まる

食べ物はカビや雑菌が食品に付着して繁殖することで傷みますが、発酵を担う微生物が腐敗の原因物質の繁殖を抑えるため、食品の保存性が高まります。

 

私たちが普段何気なく食べているものの中には、発酵食品が多く存在します。『ストークお食事宅配便』のお食事も味噌や醤油、お漬物などの発酵食品をバランス良く食べられるよう設計してあります。日本ならではの和食で上手に発酵食品を活用し、美味しく健康に食事を楽しみましょう。

管理栄養士 岸本実華

管理栄養士 岸本実華