お知らせ

健康のすすめ『食事で花粉症対策』

 いまや国民病とも言われる花粉症ですが、皆さんはどのような対策をされているでしょうか。特に患者数が多いスギ花粉は、関東地方で2月~4月の期間に飛散量がピークとなります。今回は、花粉症の改善に効果的な食品をご紹介いたします。

チーズ、味噌などの発酵食品

花粉症の原因の1つとして腸内環境の悪化が挙げられます。発酵食品は腸内環境を整えるうえで重要となる「善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)」を多く含んでいるため、花粉症におすすめの食材です。

主な発酵食品   
納豆、チーズ、ヨーグルト、甘酒、キムチ など

オリゴ糖

オリゴ糖は胃酸や消化酵素で分解されない成分を含んでいるためそのまま大腸に届き、善玉菌の増殖に力を発揮します。善玉菌の増加は、アレルギー源となる花粉の吸収を抑える “IgA抗体”(免疫グロブリン)の増加にも繫がるため、症状緩和に効果的とされています。

オリゴ糖を多く含む食品
きな粉、ごぼう、味噌、にんにく、大豆、アスパラ など

EPA・DHAを豊富に含む青魚

不飽和脂肪酸であるEPA・DHAは、アレルギー症状を引き起こす“ヒスタミン”や“ロイコトリエン”の発生を抑制し、アレルギー症状を起こりにくくする効果があるといわれています。

主な青魚
あじ、さば、いわし、さんま、ぶり、かつお、まぐろ など

ポリフェノールの一種である“アントシアニン”

ブルーベリーの色素成分として知られている“アントシアニン”は、上記でご紹介したEPA・DHA同様にアレルギー症状を引き起こす“ヒスタミン”の働きを抑えることから、症状緩和に効果的といわれています。

アントシアニンを豊富に含む食材
ブルーベリー、黒豆、茄子、ぶどう など

上記でご紹介した食品を摂るだけでなく、適度な運動としっかりとした睡眠、規則正しい生活を送ることも花粉症対策には重要です。マスクや眼鏡なども使用し、花粉症の時期を少しでも楽に乗り切りましょう。

~花粉症対策におすすめの2月メニュー~
健康倶楽部
  3日 夕食②「さばのピリ辛煮」
11日 夕食②「あじの蒸し煮べっこうあん」
    夕食⑤「ブルーベリーと白ワインのジュレ」
15日 夕食②「鶏肉の粕漬けチーズのせ」
19日 夕食①②「焼きあじの梅風味茶漬け」
20日 夕食②「さばの豆鼓ソース」
28日 夕食④「菜の花のきな粉和え」

 

※詳しくはメニューカレンダーの献立表をご覧ください

管理栄養士 岸本実華
管理栄養士 岸本実華