健康のすすめ『夏バテ予防の食事』

 夏真っ盛りの8月、体調面で特に気をつけたいのが夏バテです。夏バテは猛暑やクーラーの冷え等により、体温調節を担う自律神経が疲弊する事によって起こります。症状は食欲不振や倦怠感、無気力、不眠、めまい等です。夏バテを予防するには食事からしっかりと栄養を摂り、暑さに負けない体力作りをする事が重要です。今回は、夏バテ予防に効果的とされる食事についてご紹介いたします。

 

“ビタミンB1+アリシン”の食べあわせでスタミナアップ

 ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがあり、スタミナアップに効果的とされています。ネギ類に多く含まれる“アリシン”と結合することで吸収率が高くなるため、一緒に摂取する事がおすすめです。

~ビタミンB1を多く含む食材~
豚肉、枝豆、にんにく、玄米、うなぎ 等

~アリシンを多く含む食材~
長ねぎ、にんにく、にら、玉ねぎ 等

 

旬の夏野菜で夏バテ予防に効果的な栄養素を摂取

 夏野菜は“旬”である今が最も美味しい時期であり、夏バテ予防に重要な栄養素を豊富に含んでいます。特におすすめなのが下記の夏野菜です。

・ゴーヤ:ゴーヤの苦味成分であるモモルデシンという栄養素は、胃腸を刺激して消化液の分泌を促すため、食欲増進に効果的です。
・トマト:強い抗酸化作用を持つリコピンビタミンCを豊富に含むため、紫外線によって生じた活性酸素を除去し、夏のだるさや疲労を取り払うといわれています。
・大葉:香り成分であるペリルアルデヒドという成分が胃酸の分泌を促し、食欲増進に役立つとされています。
・茄子:利尿作用があるカリウムを多く含むため、水分と一緒に体の熱を排出してくれます。また、茄子の色素成分であるナスニンは、上記でご紹介したトマトのリコピンやビタミンC同様、強い抗酸化作用が期待されています。

 

 上記でご紹介した食生活だけでなく“質の良い睡眠”と“適度な運動”を心がけ、夏バテ知らずの体づくりをしていきましょう。

~夏バテ予防におすすめの8月メニュー~
健康倶楽部

5日 夕食②「ハーブ豚ヒレの青じそソース」
12日 朝食②「枝豆入りあられ汁」
16日 夕食②「ゴーヤチャンプルー」
24日 夕食②「牛ヒレのガーリックトマトソース」
25日 夕食③「茄子と粗挽肉のピリ辛炒め」
29日 朝食④「枝豆のハニーマスタードマリネ」

※詳しくはメニューカレンダーの献立表をご覧ください。

管理栄養士 岸本実華

管理栄養士 岸本実華