健康のすすめ『くるみを食べて健康に』

 おやつやサラダの具材などに使用されるくるみには、“スーパーフード”と呼ばれるほど身体に良い栄養素が豊富に含まれています。今回はくるみが身体にもたらす嬉しい効能をご紹介いたします。

 

「オメガ3脂肪酸」で血流をスムーズに!

 くるみはナッツ類で「オメガ3脂肪酸」を最も多く含んでいます。「オメガ3脂肪酸」は動脈硬化予防効果や、コレステロール値、中性脂肪値を下げる効果などが期待されており、生活習慣病の予防に良い栄養素といわれています。人の身体では作り出すことが出来ないため、健康のために食品から意識して摂るべき“必須脂肪酸”です。また、一般的に脂肪になりにくく、ダイエットにも効果的な栄養素です。

 

「ビタミンE」「ポリフェノール」で抗酸化作用

 上記でご紹介した「オメガ3脂肪酸」の他、くるみにはビタミンEやポリフェノールなどの抗酸化作用がある栄養素を豊富に含みます。抗酸化作用とは、老化やがん、生活習慣病の原因となる“体の酸化”を抑えてくれる働きのことをいいます。人の体は呼吸で体内に酸素を送り続けるたび、酸化を進めてしまっています。いつまでも若々しい身体を手に入れるためには、抗酸化作用がある栄養素を積極的に摂る事をおすすめします。

 

 様々な効能が期待されるくるみですが、比較的カロリーが高い食材でもあるため食べすぎには注意が必要です。1日あたり7~8粒程度を目安に食べましょう。

 

~「くるみ」を使用した10月メニュー~

健康倶楽部

6日 夕食④「三色野菜のくるみ和え」
12日 夕食⑤「ミルクゼリーくるみ餡添え」
16日 夕食②「鶏肉のくるみ味噌焼き」
28日 朝食②「金時豆入りくるみと根菜のポタージュ」

 

※詳しくはメニューカレンダーの献立表をご覧ください。

 

管理栄養士 岸本実華

管理栄養士 岸本実華