トランス脂肪酸について

 米国食品医薬品局(FDA)はマーガリン、ショートニング等に含まれ、心臓疾患のリスクを高めるとされる「トランス脂肪酸」の原因となる油の使用を、今年6月18日から事実上禁止しました。

 「トランス脂肪酸」は前立腺がん、乳がん、糖尿病、うつ病、アルツハイマー、更には不妊、流産等との因果関係も指摘されています。

 「トランス脂肪酸」は、食品添加物では無く、肉や乳製品等にもごく微量ですが含まれています。しかし、植物油に水素を添加して固形や、半固形の「部分添加固形油脂」(PHOs:硬化油)の製造工程で多く発生します。FDAは、長年の食生活習慣等から安全とみなされて、使用が認められた物質(GRAS)から、「トランス脂肪酸」を除外するとの決定を行いました。

 米国人の死因の第1位は、心臓疾患(日本人の第1位は、悪性新生物<がん>)であることが、この決定の背景にあると思われますが、心臓疾患以外の影響も懸念されることからも「トランス脂肪酸」を極力摂取しないに越したことはなく、WHO(世界保健機構)の勧告に従えば、日本人の摂取は1日当り2グラムまでが望ましいと言われています。

わが国で販売される「菓子パン」の中には、食感を良くするために、「トランス脂肪酸」を含むマーガリン、ショートニング等を多く使用した、1個(販売単位)でこの基準を超える商品もあり注意が必要です。

 「ストークお食事宅配便」に使用するパンは独自のレシピで、マーガリン、ショートニング等は使っておりません。酸化しにくく風味豊かな無塩バターを使用して、塩分の使用も極力抑えた特注のパンを、レストラン、機内食用パンを製造するメーカーに製造を依頼し、皆様にお届けしています。どうぞ安全で風味豊かなパンをお召し上がり下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。