「お食事宅配便」の履歴書

比類無き「完全調理済み食事宅配サービス」

 

30年の感謝

「レパスト宅配サービス」は、今年4月に「サービス開始30周年」を迎えます。これも偏に皆様のお引き立てのお蔭と、厚く御礼申し上げます。この機会に、我が国で最初の「完全調理済み食事宅配サービス」の歴史を渡って振り返ってみたいと思います。

 

レパスト

株式会社レパストは、昭和30年1月、東京銀座で創業した総合給食事業会社です。続きを読む ▼

 

事業の夜明け

現在の「レパスト宅配サービス」は、昭和59年、前述の「社員食堂」受託で関係のあった丸紅株式会社で、新規食料事業開発「成人病給食プロジェクト」として、日清製粉株式会社、日本健康自然食株式会社他、新進気鋭の栄養士等が加わって、昭和59年10月スタートしました。
続きを読む ▼

 

10年後の社会

商品は、10年後(当時)の到来が予測された、「高齢社会」を見据えた事業構築が行われました。「成人病を食事で如何に悪化させないか」というテーマで、それまでに無かった「調理済みの食事宅配サービス」という業態の創造を目標としました。
続きを読む ▼

 

こだわり

販売する商品へのこだわりは、商品企画段階から斬新で、比類無いものでした。30年を経た現在、「健康に配慮した食品」は世の中では当たり前のものとなっていますが、現在どこでも聞かれる「合成保存料、合成着色料は使用せず」、「塩分、カロリーを控えた」、「手作り商品」、等、続きを読む ▼

 

 

「成人病」を防げ

日本が「世界一の長寿国」となり、「成人病」(生活習慣病)発症を防ぐビジネスコンセプト作りが行われました。
商品は夕食と朝食の2食で約1,100キロカロリー前後、減塩うす味、動物性脂肪を制限し、不足しやすい食物繊維、カルシ ウム、ビタミンCに配慮した商品を開発しました。
続きを読む ▼

 

内食、中食、外食

事業コンセプトが固まり、日替わりメニューで、皆様のお宅までお届けする為に、製造拠点の選定では苦労がありました。 「家庭で作る食事(内食)」がまだ主流の時代で、外食(食堂・レストランでの食事。

続きを読む ▼

 

宅配サービス

わが国には、江戸時代より「出前」、「仕出し」という顧客の元への飲食物を配送するサービスがあるのはご承知と思います。「出前」は比較的少量を火急にお届けし、「仕出し」は冠婚葬祭等ある程度纏まった数を届けるといった感覚的な違いがあります。 続きを読む ▼

 

ストーク

1986年(昭和61年)9月の事業会社設立、商品のモニター向け試験販売を経て、87年(同62年)4月、「お食事宅配便」サービスが開始されました。
続きを読む ▼

 

 

エリア徐々に拡大

1987年(昭和62年)、日本国有鉄道(国鉄)がJR各社に分割スタートした春、東京都内、世田谷、狛江地区限定で「ストークお食事宅配便」もスタートしました。続きを読む ▼

 

「当日製造、当日配送」

21世紀を迎えようとしていた時代にあっても、製造当日のお夕食時間までに「出前」や「仕出し」よりはるかに広範囲に、安全安心に商品をお届けすることは、大きな課題でした。続きを読む ▼

 

販路拡大

創業から約15年間は、主として新聞折り込み広告でお客さまへのサービス浸透を愚直なまでに進めました。チラシ内容は、「ある戦略」もあっていつも同じものとし、続きを読む ▼

 

 

新たな成長

老舗百貨店との提携販売は、配食事業に新たな成長をもたらしました。それまでの自らお客様を募り手売りする立場に、百貨店の「暖簾(のれん)」をお借りして販売する、商品供給元の立場も加わりました。
これらは、お客様への情報公開やエリア拡大等に繋がり、サービスの品質を高めました。続きを読む ▼

 

総合給食会社の挑戦<

2010年(平成22年)10月、ストークは総合給食事業会社レパスト傘下の事業会社となりました。
続きを読む ▼

 

新たな歴史を築く

「レパスト宅配サービス」の事業開始が、「高齢社会」に向かう我が国での先駆的役割を担うことであったことは、前述させていただきました。いまや「超高齢社会」(高齢者人口比率21%以上)になったともいわれております。30年前と比較をして、続きを読む ▼

 

「『お食事宅配便』の履歴書」をお読みいただき、有難うございました。改めて平素のご愛顧にお礼を申し上げますと共に、引き続き「レパスト宅配食サービス」をお引き立て賜ります様、お願い申し上げます。